岡田と言えば岡田監督!それは阪神の監督です!

岡田と言えば岡田彰布監督!

獣王の意気高らかに、無敵の我等ぞ岡田彰布!

阪神ファンを熱狂させた、1985年の日本一達成! このときから「ニューダイナマイト打線」となった阪神のゆるぎない強力打線! 「バックスクリーン3連発」を巨人槙原におみまいしたのが、猛虎バース、猛虎掛布、猛虎岡田のクリーンアップ!これがあの日本一へのファンファーレとなり、伝説として全野球ファンに語り継がれることとなったのです! (さぁみなさん!あのときの感動に浸ってください!)

その岡田が岡田監督として、阪神に君臨されておられたのが、2004年-2008年の間!縦じまが日本一似合う男! そう、日本中が侍ブルーのサポーターとなり沸いた頃から、「世界の岡田」はサッカー日本代表の監督をされておられた岡田武史監督と思われがちですが、阪神ファンにとって岡田監督のデフォルトは、あくまでも「岡田彰布監督」なんです!(お二人は同郷大阪出身で、早稲田大学の同級生という,びっくりな共通点だらけですが!!)

更に言わせていただくとしたら、「岡田」といえばV6の「岡田くん」、イケパラの「岡田君」、V6の岡田くんのいとこの閉店ガラガラの「岡田」、そのどなたでもなく、阪神の「岡田武史」ですっ!!と、鼻息荒く申し上げ奉る次第の私から、その歴史を振り返らせていただこうかと存じます・・。

なにぶん、目に焼きついているシーンとその時間軸がぶれまくってくるお年頃なもんで・・。(つい、昨日のことだとばかり思っていたら・・。) ちなみに、ワールドカップ真っ只中、大大大大大活躍の「阪神」鳥谷選手は岡田監督と同じ出身校♪岡田監督は鳥谷選手の力をあの頃から信じてやみませんでした! いきなりの旬な選手、鳥谷選手をも日々応援しつつ、振り返ってみます!

岡田彰布 データ

岡田 彰布(おかだ あきのぶ、1957年11月25日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の元プロ野球選手(内野手)。

1980年に阪神タイガース(阪神)へ入団。1995年にオリックスブルーウェーブ(現在のオリックスバファローズ)で現役を引退してからは、オリックス・阪神の二軍監督・コーチ・監督を歴任した。オリックス監督退任後の2013年からは、デイリースポーツの野球評論家を務める。

背番号

  • 16 (1980年 - 1993年)
  • 10 (1994年 - 1995年)
  • 85 (1996年 - 1997年)
  • 80 (1998年 - 2008年、2010年 - 2012年)

年度別打撃成績

















































O
P
S
1980 阪神 108 403 376 44 109 19 0 18 182 54 4 2 1 0 23 6 3 45 6 .290 .336 .484 .820
1981 130 524 485 70 140 23 3 20 229 76 1 0 2 4 28 3 5 43 13 .289 .331 .472 .804
1982 129 521 466 57 140 22 1 14 206 69 10 5 2 5 44 12 4 30 13 .300 .362 .442 .804
1983 79 289 246 44 71 9 0 18 134 44 7 3 1 5 36 5 1 23 3 .289 .375 .545 .920
1984 115 366 323 38 96 14 2 15 159 51 3 1 0 7 33 4 3 41 13 .297 .361 .492 .853
1985 127 532 459 80 157 24 3 35 292 101 7 3 0 6 64 3 3 41 11 .342 .421 .636 1.057
1986 129 551 474 67 127 21 0 26 226 70 11 3 0 4 70 5 3 57 14 .268 .363 .477 .840
1987 130 518 474 54 121 24 3 14 193 58 5 2 0 2 40 2 2 75 12 .255 .315 .407 .722
1988 127 524 454 65 121 22 1 23 214 72 10 5 0 5 63 6 2 75 16 .267 .355 .471 .826
1989 130 557 492 66 138 20 1 24 232 76 8 3 0 7 57 3 1 81 15 .280 .352 .472 .823
1990 130 571 486 75 129 27 0 20 216 75 7 2 0 4 74 5 7 87 12 .265 .368 .444 .812
1991 108 428 383 45 92 11 0 15 148 50 1 3 0 3 40 3 2 68 9 .240 .313 .386 .700
1992 70 212 185 9 35 11 0 2 52 19 1 0 0 3 22 1 2 48 3 .189 .278 .281 .559
1993 42 62 53 2 9 1 0 1 13 7 0 0 0 0 9 1 0 24 0 .170 .290 .245 .536
1994 オリックス 53 117 101 10 28 3 0 2 37 12 1 1 0 1 14 0 1 20 3 .277 .368 .366 .734
1995 32 46 39 3 7 0 0 0 7 2 0 0 0 0 7 0 0 9 1 .179 .304 .179 .484
通算:16年 1639 6221 5496 729 1520 251 14 247 2540 836 76 33 6 56 624 59 39 767 144 .277 .351 .462 .813

年度別監督成績

レギュラーシーズン
年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2004年 阪神 4位 138 66 70 2 .485 13.5 142 .273 4.08 46歳
2005年 1位 146 87 54 5 .617 - 140 .274 3.24 47歳
2006年 2位 146 84 58 4 .592 3.5 133 .267 3.13 48歳
2007年 3位 144 74 66 4 .529 4.5 111 .255 3.56 49歳
2008年 2位 144 82 59 3 .582 2.0 83 .268 3.29 50歳
2010年 オリックス 5位 144 69 71 4 .493 7.5 146 .271 3.97 52歳
2011年 4位 144 69 68 7 .504 20.5 76 .248 3.33 53歳
2012年 6位 144 57 77 10 .425 17.5 73 .241 3.34 54歳
通算:8年 1141 581 521 39 .527 Aクラス4回、Bクラス4回

※1 2012年、9月25日より休養。監督代行は森脇浩司

※2 2012年、欠場した9試合(7勝2敗)は監督成績に含まない

ポストシーズン
年度 チーム 大会名 対戦相手 勝敗
2005年 阪神 日本シリーズ 千葉ロッテマリーンズ 0勝4敗
2007年 セ・リーグ クライマックスシリーズ
1stステージ
中日ドラゴンズ(セ・リーグ2位) 0勝2敗
2008年 セ・リーグ クライマックスシリーズ
1stステージ
中日ドラゴンズ(セ・リーグ3位) 1勝2敗

記録

  • オールスターゲーム出場:8回 (1980年 - 1982年、1985年、1986年、1988年 - 1990年)
初記録
  • 初出場:1980年4月11日、対横浜大洋ホエールズ1回戦(阪神甲子園球場)、9回裏に深沢恵雄の代打で出場
  • 初打席:同上、9回裏に平松政次の前に三振
  • 初先発出場:1980年4月22日、対横浜大洋ホエールズ3回戦(横浜スタジアム)、8番・三塁手として先発出場
  • 初安打・初打点:同上、8回表に加藤英美から左前適時打
  • 初本塁打:1980年5月1日、対読売ジャイアンツ5回戦(阪神甲子園球場)、2回裏に新浦壽夫から左中間へ先制決勝3ラン
節目の記録
  • 100本塁打:1985年7月13日、対読売ジャイアンツ15回戦(後楽園球場)、9回表に木戸克彦の代打で出場、西本聖から左越ソロ ※史上139人目
  • 150本塁打:1987年6月27日、対広島東洋カープ12回戦(阪神甲子園球場)、6回裏に長冨浩志から左越2ラン ※史上83人目
  • 1000本安打:1988年5月26日、対ヤクルトスワローズ7回戦(明治神宮野球場)、10回表に伊東昭光から左前適時打 ※史上150人目
  • 1000試合出場:1988年6月22日、対ヤクルトスワローズ10回戦(明治神宮野球場)、4番・二塁手として先発出場 ※史上277人目
  • 200本塁打:1989年8月3日、対横浜大洋ホエールズ15回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に遠藤一彦から左越ソロ ※史上58人目
  • 1500試合出場:1992年8月9日、対広島東洋カープ18回戦(広島市民球場)、12回表に弓長起浩の代打で出場 ※史上102人目
  • 1500本安打:1994年 6月29日 対近鉄バファローズ12回戦(日生球場)、2回表に江坂政明から中前安打 ※史上68人目

ホームラン ホームラン 場外 場外 ホームラン!